蛇螺蛇螺と日記

人生の旅半ば、日々是勉強。見知った事、気になった様々な事を書き遺して行きます

総務省 電波利用電子申請届出システム

さて、実際の手続きにはいってみましょう。

 

その前に…

アマチュア無線局(50W以下)の新規申請にかかる手数料は
書面申請だと4300円、電子申請だと2900円!
この差は結構大きい。もう電子申請一択で。

 

総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」
https://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

 

ちなみにGoogle chlomeでは受け付けませんでした。
(利用環境チェックで推奨環境と一致しない!とでる)

f:id:moccian:20180331100617j:plain

 

最新のWindows10 Microsoft Edge は問題ないようです。
普段あまりエッジは使ってないけど仕方ありません。

f:id:moccian:20180331100734j:plain

 

で、初めてなので新規ユーザ登録に入ります。

 

f:id:moccian:20180331100712j:plain

 

f:id:moccian:20180331100821j:plain

 

入力画面がでてきました。
適宜情報を埋めて行きましょう。

まず開局済みではあるけれど、失効してしまっているので
現状は未開局状態。ここから入力。

 

f:id:moccian:20180331100900j:plain

入力を終えました。

 

とりあえず今回のこれは
各種申請手続きに必要なID、「個人番号」の取得の手続き
であること。

本格的な申請手続きは、この個人番号が郵送で届く
一週間ほど後に開始する、ということですね。


入力していて気づいたことがひとつ。

 

免許が切れて6ヶ月を超えてしまった場合、
コールサインを復活する方法として、
その旨を朱書きすること、とあったけど、
電子申請の場合、これはどう対応すれば…

 

と、いろいろ調べてみてもその具体的なことが
なかなか見つけられない。

 

まぁ、どこかでどうにかできるだろう・・

「電子申請の場合、それはできない」

という記載が見つからない、ということは
何らか必ず方法があるはず。


次の申請手続き本番でまたいろいろ試していきましょう。

 

昔取ったアマチュア無線局免許を取り直す

昔取ったアマチュア無線局免許を取り直す

 

f:id:moccian:20180328203806j:plain


日本マランツのC550

 

十何年も前に買った無線機を発掘。
単3電池を入れて電源投入。懐かしのノイズ音。

 

まだ当時名乗っていたコールサインを憶えている。
…ゴルフ・チャーリー・フォックストロット…


あれ、どうだっけ。


しばらく旅行会社に務めていたこともあって
チケットの予約番号を復唱するときの
アルファベットの読みがごっちゃになっている。
ジョージ、チャーリー、フォックス?)

 

まだ使えるのかな。

調べてみると無線従事者免許は終身資格だけど、
無線局免許は5年更新と。

もうとっくの昔に切れていたようだ。

 

どうしようか。

 

もともと特段「おしゃべり」が好きなわけでもなく、
「ぜひ交信したい!」という動機もないのだけど、
災害時に何らかの役にたつのでは、とか
「持っていると何となくかっこいい」かも、
みたいなどことなく不純な思いもあって、
無線局免許再取得に動きだしたのでした。


コールサイン復活?

まずはコールサインがそのまま使えるのか?
ということが気になっていました。

ヘビーユースこそしていないけど、
慣れ親しんだコールサイン
できればこれをもう一度、というか引き続き名乗りたい。

 

総務省 電波利用ホームページ | 無線局等情報検索


※PC用WEBページだが、スマホでできないこともない。

ここで当のコールサインが使用済みかどうかも
調べられるらしいことがわかり、早速入力。


『検索結果が0件です』

 

どうやら再割り当てされず、残っているらしいことが
わかってひと安心。

 

というわけで、無線局を同じコールサインで再開局!
その手続きはどうすれば・・・

 

JARL 旧コールサイン復活

願ったりかなったり、打ってつけのページがあるじゃない!

さすがJARL(日本アマチュア無線連盟)。

 

あるいは少し時間的に余裕が出来た人たちが
昔流行ってた頃を思い出して再開局したい、みたいな
問い合わせが多いのかもしれない・・・あ、自分もか!

 

このページによると

免許が失効している場合でも申請手続きの中で
コールサインの復活手続きができる

とのこと。

また、

1,2,3,6(関東、東海、近畿、九州)エリアでは
再割り当てが行われているので、
今でも当該コールサインが空いているかどうか
確認が必要

とも書かれているけど、ここはもうクリアしている!


「復活」は新規申請と同じ手続き

では具体的な手続きはどうなるか。

アマチュア局の免許が切れている→免許の申請手続き(開局申請)

要するに新規申請と同じということ、でしょうか。

 

必要書類は

免許申請書類(通常のもの)
コールサインを証明する書類(局免許状のコピーなど)

 

となっているので、平たく言うと

 

「このコールサインで、新たに無線局開く許可ください」

 

というような感じでしょうか。

 

局免許状は現物を大切に保管しているので
すぐに手元に出せる状態。
これがどうも見つからない、という人は
JARLの発行する「旧コールサイン確認書」というのを
依頼できるようなので、詳しくは上記JARLページで。


では「免許申請書類」を手に入れましょう、ということで
総務省ホームページへもう一度。

と、ここでこんなページを発見。

 

総務省|北海道総合通信局|アマチュア無線相談室


総務省の一部局のページにちゃんとした案内がありました。

ここによれば

免許の有効期間後6ヶ月以上の再開局の場合

開局申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に
「旧コールサイン希望(希望するコールサイン)と朱書きし、
希望するコールサインを確認できる書類を添付

 

とありました。より具体的!

どうやらここのウェブページはアマチュア無線に対して
非常に親切。特に「アマチュア無線相談室」のコーナーが
うれしい充実ぶり。

最初からここにたどり着ければよかったな・・・


ともあれ、「免許申請書類」を請求するよりも
『電子申請』なるものを利用すれば申請手数料が3割引!

なんと、そんな方法もあったのか!

もちろん書面による申請のための様式も
このページからダウンロード可能!

 

次回はその電子申請に挑戦!

このブログはリアルタイムで進行します。(2018年3月28日)

 

 

夢で作曲

夢をたくさん見た。起きても内容を知っている、
というのはなかなかレアなケースだが、
今朝の起き抜けはまさにそんな感じだった。

カラオケで高らかに歌い上げているイメージ。

気持ちよさそうに、一番気持ちが良く、
いい声量で歌える音程の曲。
何処かで聴いたことがあるが、
紛れもないオリジナルな曲だった。

こんな風に曲のフレーズが浮かんだのは初めて。

しかし…トイレへ行ってなんだかんだ
やっているうちに、恐らく
「何処かで聴いたことがある」その原曲っぽい、
知っているお気に入りの曲(aqoursHappy Party Train
に飲み込まれてしまった。

思い浮かんだらすぐにメモ!なのだが、
突如思い浮かんだ曲のフレーズなんかはどうメモする?

やっぱり鼻歌をスマホの録音機能か何かを使って、
ということだろうか。

あの伴奏もふくめてほぼ完成に近い、サビの部分の一節。

もう一度こんな夢を見ることができるだろうか。

どんな条件で発動したのか。

特別なことといえば、今はやりの
「蒸気発熱アイマスク」をつけて寝たことくらい。

夕飯はビーフのたっぷり入ったカレー、
日本酒が寝る3時間前くらいに一合ほど、
ちょうどファイナルファンタジー14のストーリー、
ラストシーンを感動のうちに迎えたこと、くらいか。

・・十分特殊な状況かもしれない。

そうだ。
今週末は夢の中での状況と同じことを予定している
のだった。バンド仲間との忘年会、カラオケ。

気持ちの奥で相当楽しみにしているのかも知れない。

 

 

ギターだとか、DTMだとか

ギターだとか、DTMだとか

ギターは中学生の時、小遣いを貯めて買ったアコギ、

(その当時は「フォークギター」と呼んでいた)から

なのでそろそろ4半世紀を超えて、

もう人生のほとんどを一緒に過ごしてきたと言っても

いいくらいなのだが、弾ける時間も限りがあるし

やっぱりセンスに欠けるのだろう。歴史が長いばかり

で全く上手くはならない。

 

しかし3年前、人生4本目のギターを手にした。

 

初めてのエレキギター。30年来続くバンドで使って

いたものはそのバンドのドラムが持っていたヤツを

ずっと借りてたもの。

 

f:id:moccian:20170521224811j:plain

 

だから、正真正銘、自分の愛器として、
末永く愛し合える相棒として、
探しに探し回ってやっと、
この黒のレスポール型のコイツを手に入れた。

f:id:moccian:20170521224847j:plain

 

その後、結婚や子育てから徐々に解放されつつ

あったバンド仲間たちとちょくちょくスタジオに

入ったりしたが、これもそれぞれ生活があるので

そうそう遊んでばかりもいられない。

 

でもギターは弾きたい。。

 

そしてきっかけはまず、ギターを録音したい、と

思ったところから始まった。

 

今の世の中、技術は進歩していて、

ポケベルが今のスマホになっているように、

自分の知識の範疇ではMTRやBOSSのエフェクター

だったものが今はマルチエフェクターだとか

PCでMTRのようなことを、しかもデータ的にできるとか。

 

ギターの音の録音もそういったいわゆるDTMソフトで

やれば音をデータ的に扱えるので編集もできると…

 

手書きの手紙は間違えるとクシャクシャ、ポイだが

PCメールなら書き直しやコピペでいくらでも編集できる。

それと同じ。。すごい!

 

いや、そうじゃなくて、純粋にギターの音をPCに

入れたくてそういう機械を探して買ってみた.

 

Steinberg オーディオインターフェース UR12

 

するとなんと、そんなDTMソフトが

「オマケ」でついてきたのだ。

 

f:id:moccian:20170521225349j:plain

cubase

 

キューベースって、知ってるぞ。その名前。

 

え?あのプロも当然のように使ってるソフトが

「オマケ」?

 

手にして以降、これはいい玩具(オモチャ)を

手に入れたとばかりに遊び倒すことに…

とはいえ知識が浅すぎて、感覚的に使える機能しか

使ってない。

このソフトが本来持っている性能を全くと言って

いいほど使えてないのがハッキリわかっているから

すごく悔しいんだけど…

 

f:id:moccian:20170521225412j:plain

 

でも15分、20分あればささっとこんな感じの

ものが出来てしまうくらいすごくて楽しいソフト。

 

youtu.be

 

とりあえずガンガン作っていってみたい。

 

作ってみれば操作法も身についてくる。

 

 

 

FF14

ファイナルファンタジー

 

ここ数年テレビはほとんど観なくなった…と思っていたのに

最近になって「これは!」と思うものを録画しておいて週末に

まとめ観する番組がまた少し増えてきた。

 

中でも今回、「光のお父さん」が面白い!

 

hikarinootosan.jp

 

ファイナルファンタジー…ワタシは、それほど「コア」とは

言えないまでもこれまで、『クラウド』の7に始まり、

『スコール』の8、『ジタン』の9、『ティーダ』の10は

最後まで行ったし、DICIDIAが出ると、そのためにPSP

手に入れたほどにはファン。

 

だからこの『ファイナルファンタジー』というキーワードだけ

でも惹かれるものがあり、観始めることになる。

 

オンラインゲームは実際避けて通ってきた

 

10の次、11はオンラインゲームだったよね。

どうも苦手意識があって、そこでワタシのFF歴はストップ。

それだけにDICIDIAは待ってましたとばかりに飛びついた。

FF、ファイナルファンタジーだけがRPGってわけじゃない。

でもあの世界観が好きだったんだろう。。

それでもオンラインには手が出せなかった。

レベル上げも含めて、キャラを愛でつつ「ひそかにひとりで」

楽しむもの・・・そんな位置づけだったのかも。

 

SAO

 

「サオ」って何?

 

この2017年においてそんなヤツがまだいたのである。

…オレだよ。

 

ほんのついこないだの事。

なんとなくツイッター見てるとその「SAO」の文字が。

 

サオサオ、サオサオ言ってる。

 

うるさいなぁ…と思いつつ、リンクスタート!じゃなくて

リンク開けてみると

 

VRMMORPG

 

という訳の判らない単語。

 

アスナのキレイなグラフィックの方にばかり眼は行く

のだけど、「RPG」という文字にだけは反応した。

 

そこから先についてはもう、この作品を昔から

愛しているヒトには痛いほど理解できるであろう「経歴」

を持って『ドはまり』して行くことに。

 

シーズン1~3を切れ目なく視聴(レンタルでも過去作品

なので手軽に観られる)した後、ハマるきっかけ、

大元原因であるツイがCMしていた『劇場版』も当然、

観にいってきました。

 

シーズン全作を観終わったホカホカな状態での『劇場版』

アスナが最後に見せた「ソードスキル」にはもう滂沱の涙…

 

まぁ、この話は別の機会にしよう…

 

このゲーム、いや作品を通して「オンラインゲーム」とは、

の片鱗を知るところとなって、どうも今までのイメージが

払拭された感じになっていたところへ、冒頭の話。

 

俳優大杉漣氏演じる、まさしく「お父さん」が

FF14をプレイしている。

 

このシーンだけでも

『あ!やってみたいかも!』

と思わせるには十分だった。

前段の前置きがある自分にとっては…だけどね。


どうなんだろう。FF14自体、オープンから時間経過

あって、「飽和状態」あるイメージなんだけど、

このドラマ通じて「やってみよう!」なヒトがやっぱり

かなり増えたんじゃないだろうか。

 


オンラインゲーム用語

 

スクエアエニックスのアカウントは「ラブライブAC」で

すでに取っており、WINDOWS用のソフトをインストー

してログインするのみ。

 

さて、リンクスタート!じゃなくてゲームの開始!

なのだけど、その前段階の準備の時間のかかること!

 

まぁ、新しい生活を始めるにあたって、

家具とか内装を決めていくようなあのワクワク感と同じで、

それもスゴク楽しかったりするんだけどね。

 

特にキャラ設定は凝れば凝るほどはまりこんで行くので

どこかで踏ん切りつけないと時間が面白いように過ぎて

行ってしまう。

 

もっと言えば女性キャラなので。。

 

ネカマ」というあまり聞こえがよろしくない言葉があるけど

絶対少数派じゃないと思うんだよね。

 

これからずっと一緒に行動する相棒。

別世界で一緒に暮らしていくパートナー。

 

「戦い」が全てならムサクルシくなくとも

強靭な男キャラの方がいいかもなんだけど、

ワタシが求めているのはそこではない。

 

いかにリアルにカワイイ子に仕立てるか…

 

んんん。もう既に楽しい^^。

 

そんなこんなでワタシのエオルゼアでの生活が始まった。

 

…のはいいが、ある程度レベルも上げていかないと

モノガタリが先へ進まないし、初期レベルだと

ただ歩くだけなのにザコ敵でも怖くてしょうがない…

 

そこでヘルプを参照しつつ、ネットでも初期の攻略法

みたいなのを少しずつ調べ始めたのだけど、

ここに大きな壁がドン。

 

SAOでも「当たり前」「知ってて当然」のごとく、

NPC』を始め、オンラインゲーム用語がせりふの中で

語られていた。

 

初心者のため、だよね。

 

いきなり

 

Dotとか(これは調べないとわからん)

タゲとか(語感でターゲットと一拍おいてわかるが)

ヘイトとか(FF7では動作が速くなるマテリアだったが)

ヒャッハーとか(わかるけど…)

 

並べられてもわからん。。

 

これをだんだん解っていけるようになるのが

また面白いって知ってるからいいんだけど。

 

弓術師のミコッテちゃん。

 

とりあえずつけた名前が今のハンドル・ペンネームに

しちゃってまだ少し違和感感じていて変えたいのだけど

変えれるのかな…

 

今晩やってみよう。

蛇螺蛇螺(だらだら)と日記

おーい!10年後の自分!

 

…10年はいくらなんでも先すぎるか…

 

なぁ。3年後のオレよ。

 

そんな歳になってもまだ惑っているんじゃないのか?

惑っていてもそれなりに幸せ感じているといいんだけどな。

 

というか、3年後も続けて書けているのか?この日記。

 

今更気付いた自分の気性。

 

"類まれなる"飽き性、冷めやすい。

 

・・・良く言えば?好奇心旺盛。多趣味。

 

これまで何をやってきたのか。

何に興味を惹かれ熱中してきたのか。

 

「今現在」の自分自身のホットなトレンドを

その時々に、自分自身の言葉で残しておきたくて

はじめるこの記録のような日記。

 

ブログテーマにもあるように"日々新たに知ったこと"も含めて

冒頭のような、3年後あるいは10年後の自分が

あの頃は・・・とほほえましく振り返られるような、

未来の自分へのメッセージのようにして書いていきたい。

 

2017年 50才のワタシ。

※1人称表記のユレは気にしない※