蛇螺蛇螺と日記

人生の旅半ば、日々是勉強。見知った事、気になった様々な事を書き遺して行きます

Lubuntu!


f:id:moccian:20190406082036j:plain

愛機 PANASONIC Lets note。

2年前までは現役で、モニター出力してバリバリのメインマシンでした。

もともとvistaのxpダウングレード版として当時としては高額最高スペックのマシン。
ところがwindowsも7から8に上がるにつれ、アプリケーションの要求するスペックからかけ離れるほどに動作の重さが目立ち、使用に耐えないレベルになり、新PC導入後は、ほとんどお蔵入り状態に。。

でも。。

持ってることがステータス、単純に使っててカッコイイと思えるマシンでもあったこの愛機。



f:id:moccian:20190406083023j:plain



何とか使えるレベルに持っていきたい。

そこでいろいろと検討した結果、
Lubuntu https://lubuntu.net
を試してみることにしました。

ライブUSBなるものを作って『お試し起動』ができる、ということでそれにチャレンジ!

この記事はその作業を進めながら書き記していきます。

まずは空のUSBを準備。スーパーで8GBのものを700円程度で入手。

Unetbootin (検索して下さい)と
Lubuntu 本体をダウンロード。

USBを現メインマシンに差し込み、
Unetbootinを起動、
USB内にLubuntuのインストールディスクイメージをコピー。



f:id:moccian:20190406085142j:plain

このUSBをLets note に差し込み、いざ
起動。

メーカーロゴ表示最中にすかさずF2。

f:id:moccian:20190406090917j:plain

!!

USBメモリからの起動は…どれになるんだろう…


f:id:moccian:20190406091231j:plain

とりあえず『USBハードディスク』を選択してみました。



f:id:moccian:20190406091453j:plain

走り始めた!


……
……… 

…長い。。

かれこれ一時間。。

中断しようか?何か間違ったのかな?

とescキーを叩いてみると、



f:id:moccian:20190406102209j:plain


プログラムが走ってる…

とりあえずもう少しこのままにしておくことにしよう。


…ということで、かれこれ数時間。
一万行を超えた辺りで出かける用事ができ、放っておくのもアレなので一旦中断。
『読み込みエラー、再読み込み』を延々繰り返しているだけのようにも見えたので、もう一工夫、試してみることにして作業は翌日へ。。

過ぎてしまったことは

過ぎてしまったことは、

流れるままに。


溜め込んで、滞留させて、

抱え込んで、掘り起こして。


それは無駄な労力。


その力があるなら、


つぎのステップのために、


前に進む力、推進力のために、


つぎ込んでいくほうがいい。


つぎに何をするのか、したいのか。


決めるのも、ジブン。

АБВで始まる初級だけロシア語講座 1

これから独学で始めたい人の

АБВで始まる初級だけロシア語講座


■ロシア語のABC

英語アルファベットの最初はABC。

当たり前の話ですが、

ロシア語にもアルファベットがあります。


まずはこの英語のABC。

ロシア語にも「同じ形の文字」はあります

が読み方が微妙に違います。


表す「音」が違うんですね。


ロシア語だと…


A これは同じ。ひらがなで書くと「あ」

B こう書いて「V」の音を表します

C ややこしいですが、これが「S」


わたしはこの違いに魅せられてロシア語を始めたようなものなので面白いと感じますが、なんの予備知識もなく入口に立った人ならまず引っかかる第一関門のようなものかも知れません。


そう。まずはまっさらな気持ちになって、文字を憶えることから始めましょう。新しい漢字を憶えるのと同じ。画数は少ないので(笑すぐに憶えられます。


ちなみに、大文字小文字の違いにも注意です。

例えば В の小文字は b じゃなくて в 。似ていても英文字とは違う。


ではロシア語のアルファベットを学んで行きましょう。


А а  あー こうやって英文字と同じものが「たまに」混じっているので混乱するんですよね。音も文字も同じです。


Б б べー この形のものが英語で言うB。

面白い形ですよね。


В в ゔぇー 英語のV。


※だからロシア語は「えーびーしー」じゃなくて「あーべーゔぇー」なんですね。


Г г  げー r のようにも見える文字。ガンマ線のガンマに似てますね。大元は同じなんですね。英語のG。


Д д でー 顔文字で見たことありますよね?あれ、ロシア文字なんです。英語のD。


Е е ぃえー 日本語の「え」でもなければ、英語のЕでもない、近い音で言えば(yeah)ですかね。


Ё ё ぃよー ぃえーの上にてんてんが着いたら、掛け声のようになりました。


Ж ж じぇー わかりますかね?ローマ字のkが背中合わせになってます。発音は英語のJとも全く違って、rのように舌を奥に巻き上げて、その位置でジェと発音します。


З з ぜー 耳みたいな、数字の3みたいなですがこれが音的には英語の「Z」。


いきなり、軒並み、ロシア語特有な文字のオンパレード。いかがでしょうか。


今回はこのあたりで。

歩きタバコの話

東京で受動喫煙防止条例なるものが施行された。

実に、実にいいことだと思う。

願わくば飲食店だけじゃなく、特定の路上喫煙だけじゃなく、とにかく『歩きタバコ』を全面的に禁じてほしい。

もう、絶対的禁止。罰則というか、即時処分でその場でやめさせる方法。

例えば、歩きタバコを感知したら街頭に設置されたレーザー光線が発動。

その場で手に持ったタバコをやき落とす。

当たりどころが悪ければ火傷、最悪指ごと落ちちゃうかも知れない。それはもう仕方ないこと。

たまたま歩きタバコ人間の後ろを歩かざるを得なくなった者と同じくらいの仕方なさだろう。

「やり過ごせはいいだろう」

じゃなくて、

今そこで吸いながら歩かなけりゃいいだろう!

ということなのだ。


かく言う私もかつては喫煙者だった。


海外へ出る飛行機で運悪く禁煙席を割り当てられ、わざわざ後ろのトイレのあたりまで行って怒られながら吸うほどのギリギリな愛煙者だった。

しかし。渡航先では、もう当時すでに喫煙できる場所が極端に限られ、吸える場所といえば、空気清浄機自体がヤニとホコリでベタベタに汚れ、室内が煙で霞むような密室の『喫煙室」のみ。


今の日本も喫煙室の状態こそまだマシな方だが「吸える場所」がもうない、と言っていいほどだろう。


ここへ来て、件の法律。


今ではもうほとんど見ることのなくなった公衆電話ボックスを見つけるくらいの勢いで、

喫煙スポットはレアな場所になっていないか?


そうなると、我慢ならないかつての私のようなギリギリな愛煙者は、禁煙エリアとしてはグレーゾーンな路上てあれば一服、点けたくなるたろう。


先日など、緑豊かな公園で、木々の香りを胸いっぱい味わいながら歩いていたところに、突然、煙が入り込んできた。


焼きたてパン屋さんの店先で、焼きたての香りを味わいながら、香りの高いコーヒーを添えて食しているときに、いきなり猫の尿の臭いが混じってくるくらいの…例えも最悪w


なにをしやがる!


行きたい方向が同じなら、追い越すしかない。


不条理!


そんな訳で冒頭のような、過激思想さえ浮かんでしまうのだが、そんな風にしていよいよ殺意を覚える人間も出てきかねないことも考えてほしい。


傍若無人な混み合う電車内のデカ過ぎるリュックも…

あれ、どういう環境で育ったらあんな周りを見れないで居られるのかね。


せめて腹がわに持ち替えろや。


…こうやって言いたいことも言っていこう。

多言語入力してみる

まあ、PCでも慣れればタッチタイプ

できそうだけど、時々位しか使わない程度

だと、どうしてもキー配列を忘れてしまう。

その点でスマホなら表示されている文字を

タップするだけなので非常に簡単!

日本語同様、予測変換的に候補の単語も、

出てきてスペルミスが極力抑えられる。

すばらしい!

Здравствыйте!

Русский язык - красивый язык.

汉语也可以简单的输入

Gboad 使えるかも!

手で書いてみる

編集が面倒なので専らPCで書くもの、

と決めつけてきたブログ。

一番使いがちなコピーペーストも、

カーソルがない分面倒!

でも、右手が不自由になって結局のところ

キーボードを打つことももどかしくなって、

フリックの方が楽かも…

ということで今、スマホで入力してる。

 

意外と書ける?


f:id:moccian:20180625184406j:image


f:id:moccian:20180625184742j:image

(なぜ横になるのか…修正は

効かないのか…)

 

チョコミントについての話題を

また後日アップする予定。

 

テストはとりあえず以上!

総務省 電波利用電子申請届出システム

さて、実際の手続きにはいってみましょう。

 

その前に…

アマチュア無線局(50W以下)の新規申請にかかる手数料は
書面申請だと4300円、電子申請だと2900円!
この差は結構大きい。もう電子申請一択で。

 

総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」
https://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

 

ちなみにGoogle chlomeでは受け付けませんでした。
(利用環境チェックで推奨環境と一致しない!とでる)

f:id:moccian:20180331100617j:plain

 

最新のWindows10 Microsoft Edge は問題ないようです。
普段あまりエッジは使ってないけど仕方ありません。

f:id:moccian:20180331100734j:plain

 

で、初めてなので新規ユーザ登録に入ります。

 

f:id:moccian:20180331100712j:plain

 

f:id:moccian:20180331100821j:plain

 

入力画面がでてきました。
適宜情報を埋めて行きましょう。

まず開局済みではあるけれど、失効してしまっているので
現状は未開局状態。ここから入力。

 

f:id:moccian:20180331100900j:plain

入力を終えました。

 

とりあえず今回のこれは
各種申請手続きに必要なID、「個人番号」の取得の手続き
であること。

本格的な申請手続きは、この個人番号が郵送で届く
一週間ほど後に開始する、ということですね。


入力していて気づいたことがひとつ。

 

免許が切れて6ヶ月を超えてしまった場合、
コールサインを復活する方法として、
その旨を朱書きすること、とあったけど、
電子申請の場合、これはどう対応すれば…

 

と、いろいろ調べてみてもその具体的なことが
なかなか見つけられない。

 

まぁ、どこかでどうにかできるだろう・・

「電子申請の場合、それはできない」

という記載が見つからない、ということは
何らか必ず方法があるはず。


次の申請手続き本番でまたいろいろ試していきましょう。